合宿免許で重要な、その日学んだことの復習

###Site Name###

合宿免許では2週間毎日のように教習や学科が続きます。
これだけ毎日続けば、しっかりとした勉強をしなければどんどん忘れていってしまいます。



そのため、その日学んだことを忘れないようにするため、その日のうちに復習をすることをおすすめします。
試験の前に勉強をしようとしても一からやり直しになりやすいですが、その日のうちに復習をしておけば、ある程度は残っているため、少なくとも一からやり直しのような状況にはなりません。

そのため、多くのことを学んだ日などはすぐに復習をすることが大事です。

また、教官からどの部分を指摘されたかというのを振り返ることも大事です。



人間のクセ、思考というのは視覚化しなければわからず、認知できないものです。その場では覚えていても、すぐに忘れるからこそ、その人のクセ、思考というのは改善されにくく、そこが命取りになることがあります。

特に合宿免許では科目を落とせば結構大変なため、何を指摘されたかをまとめておくだけでもかなりのプラスになります。

それを試験前に見ておけば、この部分に注意する、あの部分はよく注意された部分だというのがわかります。


これは学科試験でも同じことです。


毎日日記をつけるだけでも、意外と復習にはなります。

この時こんなことがあったというのがインプットされやすく、こうすればいいんだというのを冷静に思い出すことがあります。

何時間も復習をする必要はありませんが、合宿免許ではある程度の復習は大事です。